子供英会話

2020年に実施予定の小学校英語必修化の弊害「日本人の技術力が英語教育で低下する可能性」|Atlas子供(こども)マンツーマン英会話教室 札幌駅/大通

HOME学習費用について無料体験レッスン各種お問い合わせ
小学校低学年プラン 小学校中学年プラン 小学校高学年プラン 中学生プラン 高校生プラン 保護者の方プラン
年代別にコースを見てみよう!

 

2020年に実施予定の小学校英語必修化の弊害「日本人の技術力が英語教育で低下する可能性」

 

いよいよ2020年4月から小学校でも英語の授業が必修科目となるまで、残り1年ほどとなりました。しかし、これによって、これまで見られたように子どもの時から英語を勉強し始めると、理系科目の成績が落ちてしまうことになるのは明らかです。

結局、一部の日本人だけが外国人と付き合うことで、むしろこれまで日本の良さを生んできたわけですが、それが全ての日本人が対象になれば、20年後には科学技術などの分野で日本人らしい研究開発が進まなくなるとものと考えられます。

それを知らないのは、文科省の官僚や社会言語学の学者だけであって、教育と頭脳の発達には第二言語が邪魔になることはすでに様々なデータによって判明しているわけです。例えば、幼児を教育する時に「お絵描き」をさせるか、それとも「あいうえお」を覚えさせるかによって能力が大きく変わるという研究結果が出ています。

つまり、幼稚園入学まで「お絵描き」をさせる場合と、早いうちから「文字を勉強」させる場合とを比較すると、普通の幼児は一所懸命になって絵を書きますが、文字を早く学ばせた幼児は絵を書くことができず、文字で書いてしまう傾向があるといいます。

また、脳の領域という観点から考えると、「絵や映像をそのまま記憶する場所」と「文字やコミュニケーションを行う場所」が重なっていることからも、絵や映像に特殊な才能を持った人は言葉を上手に話せない場合があります。そして、言葉を学ぶと絵が書けなくなることもあるということです。

 

私は、このような研究結果から、幼い時に英語という言語を勉強させることで理系科目の理解力が落ちることになると考えています。

例えば、北海道大学の状況を見ていても、大学を卒業し、いわゆる理系学科に進んだ大学院生というのは、いずれ英語で研究論文を書くようになり、時には海外で開催される学会などで英語で発表をすることが求められてきます。

そこで、担当教授は学生に英会話スクールなどに通わせて、英語力をさらにアップさせることを促すわけですが、不思議なことに彼らが英語を本格的に学び始めると、むしろ考える力が鈍くなるということが起きています。

また、一般的に女性というのは、男性に比べて英語コミュニケーションが得意という傾向がありますが、しかし、どうしても世界レベルの科学技術の研究には向いていないように思います。一方、無口な男性の方がこの分野には適していると思われる能力を発揮しているのも事実です。

 

私は、会員制語学スクールを20年以上運営しているにもかかわらず、小学校から英語を必須科目にすることには反対です。なぜかと言えば、日本がこれほど繁栄したのは機械や電気の技術者のレベルが世界的に高かったからだと思うからです。

それを一部の文系大学卒の文科省官僚がこのことをよく考えずに、「英語でのコミュニケーションが必要…」などと英語教育を小学校から導入しようとしているわけですが、その結果は日本の競争力を弱め、次世代の若者はさらなる貧困化に苦しむものになるしかないように思うわけです。

結局、文科省にいるような出世目当てだけの官僚が提案したことを、中央教育委員会はきちんとした議論をせずに英語教育の強化について話をまとめ、「グローバル化の時代だから…」という理由だけで決められているということです。

文科省の官僚というのは、受験によって東大に入学できたわけですから、受験と一緒で必ず「結果と対策」で考える傾向があります。しかし、それよりも今は「日本が技術大国であるということ」をまず考えなければなりません。

最後に、明治以来の日本の科学技術の背景には、外国語で書かれた欧米の書物を必死になって日本語に翻訳した、という特徴があります。日本人は珍しいものが好きで、何でもまずはやってみる気質があり、学問をする人を尊敬し、それをお金より上位に置いていたということに注目すべきです。

目次