英語はグローバル語|子供英会話|Atlas KID'Sこどもマンツーマン英会話教室|札幌・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸
子供英会話

英語はグローバル語|子供英会話マンツーマンレッスンのAtlas KIDS (札幌・横浜・名古屋・大阪)

HOME学習費用について無料体験レッスン各種お問い合わせ
メニュー
プラン一覧
学習料金
体験談
問い合わせ
各LS一覧
札幌駅前LS
札幌大通LS
横浜LS
名古屋駅前LS
大阪梅田LS

全国にてAtlas KID'S展開中!

新入生募集
無料体験レッスン
ご紹介キャンペーン
アトラ4コマ漫画
よくある質問
【6】英語はグローバル語だからこそ、いろいろな国のインストラクターと出会う方がいい

英語は先進国であるアメリカやイギリスの言葉という枠を超え、国際的なグローバル共通語になりました。

だからこそ、Atlasマンツーマン英会話では、グローバル共通語としての英語を覚えてほしいと考えています。

「中国やインドをはじめ、ブラジル、ロシアなど、世界経済の舞台にはどんどん新興勢力が台頭してきています。G7サミットだったのが、G20になり、中東も重要なポジションを占めていることはいうまでもありません。いまや、世界の舞台で使われる言語は英語が主体ですから、東南アジアの英語や中東の英語を聞いても理解できないようならば、私どもが目指している、世界で使える英語とは言えません。私はそう考えているのです」

世界にはいろいろな人がいる。肌の色も違い、目の色も違う。日本は単一民族で、現在でもバリエーション豊かな人種に出会う機会は多くありません。
けれど、子どものうちから多様な人種に接していれば、自然に人種に対するバリアがなくなり、世界中、誰と出会い、どんな人と仕事や研究を一緒にすることになっても、まったく同価値の人として付き合うことができる、真のグローバリストへの道への第一歩となるのです。

また、英語を第二言語として学んだ人の方が、教え上手になれるという利点も大きいものです。たとえば、日本人であるあなたが、日本語を上手に話すことができるようになるにはどんな学習方法で勉強したらよいのかと聞かれても、「そんなこと、わからない。物心ついたときにはもう、日本語をしゃべっていたのだから」としか答えようがないでしょう。ネイティブとはそういうことなのです。

母国語というものは、気がついたときにはすでに自分自身の一部のように身に備わっている。それだけに、どのように勉強すれば身につくのか、見当もつかないのです。

ですが、母国語としではなく、第二言語、第三言語として英語をマスターした人ならば、英語を身につけるときに、自分自身がどんな点に苦労したかを身をもって知っていますから、それだけに、日本の子どもたちに、英語を身につけるポイントを教えやすくなるといえることのです。

「ネイティブの人は、時にスラング(俗語)を使ってしまうということも心配されますね。第二外国語として学んだ人の方が文法的にも正確な英語を身につけていることが多いのです」

ネイティブの中にもいい加減な英語を話す人もいます。それならば、第二外国語として英語を勉強して、正しい英語を身につけているノンネイティブを講師に選んだほうが、いい英語と出会えることになるでしょう。だからこそ、Atlasマンツーマン英会話にはノン・ネイティブのインストラクターも多数在籍しているのです。

更に、日本で英会話を学ぶなら、第二外国語として、ある程度理論的に身につけた講師のほうが、日本の子どもに理解しやすい教え方ができるといえます。

小学生の時からAtlas KID'Sで英語のレッスンを受けて、英語脳を育み、英語学習の素地をつくっておく。その後、さらに英語学習を究めたい場合は留学など、次のステップへ進む。

Atlasマンツーマン英会話では、このように、ロングスパンで英語教育をとらえており、将来、実際に使え、役に立つ英語を身につけることができるシステムを完備しているのです。

次の話題へ