英語教師のオタクな趣味を押し付けられる生徒|Atlas子供(こども)マンツーマン英会話教室 札幌駅/大通・横浜・名古屋駅/栄・大阪梅田
子供英会話

英語教師のオタクな趣味を押し付けられる生徒|Atlas子供(こども)マンツーマン英会話教室 札幌駅/大通・横浜・名古屋駅/栄・大阪梅田

HOME学習費用について無料体験レッスン各種お問い合わせ
小学校低学年プラン 小学校中学年プラン 小学校高学年プラン 中学生プラン 高校生プラン 保護者の方プラン
年代別にコースを見てみよう!
      
メニュー
プラン一覧
学習料金
体験談
問い合わせ
各LS一覧
札幌駅前LS
札幌大通LS
横浜LS
名古屋駅前LS
大阪梅田LS
新入生募集
無料体験レッスン
こども英会話コラム
ご紹介キャンペーン
アトラ4コマ漫画
よくある質問
    
学校英語と大手英会話教室に期待してはいけない理由のタイトル画像

9.英語教師のオタクな趣味を押し付けられる生徒

英語の先生の中には、辞書が大好きという人がたくさんいます。個人的に辞書が好きなのはかまいませんが、中には自分の嗜好を生徒に押し付けるような先生もいます。英語が好きというレベルを越え、英語学習を偏愛してしまっているのです。

そんな先生には、生徒を英語使用者に育て上げるという意識は全くなく、英語学習者を育てるのが生きがいになってしまうようです。こういう盲目的な先生には、手段(学習)が目的化してしまっているということを指摘しても、「学習は受験に必要」という理由で辞書を使うことも正当化されてしまいます。

「辞書なしで外国語の勉強ができるものか」と反発を感じられる先生も多いです。「英語は辞書を使って習得する」というのが、まるで信仰のようになってしまっています。さらに驚いたのが、辞書は生素材だと言われる先生もいます。

教科書は加工品で、辞書が生ものだとすると、私が趣味で楽しんでいる英語の小説やラジオなどは、純生ということになります。あたりまえの話ですが、辞書を使わずに、第二言語としてのまたはリンガ・フランカとしての英語を使えるようになった人は、世界中にはいくらでもいます。

紙の辞書が絶対に必要だなんて言ったら、どうでしょうか、きっと海外では失笑ものです。友人のフランス人はフランス語を教えていますが、こんな話をしてくれました。

「私の勤める語学スクールはいろんな国から学生が来ていますが、日本人だけは必ず机の上に辞書を置いています。会話の授業をしていても、いちいち単語を辞書で確認します。なので最初の授業では、「辞書はもってこないでくださいね。辞書ではなくて人と会話しましょう。」というのが、日本人がいるときの定番ジョークになっているんです。」

英語教育での悪癖が、他の外国語を習得する際にも、邪魔になってしまっているようです。「知らない単語に出会ったら必ず辞書で調べよう。辞書で調べることで単語が覚えられる。」 いい加減、こんな神話から脱却しませんか?

出版社も日本人の辞書好きをちゃっかり利用しています。なんと今や英英和辞典があるそうです。英英辞典に和訳がついているのです。 英語の先生によると、「最終的には英英辞書を使えるようになってほしいが、その前段階としてこれを使わせる」のだそうです。

でも、生徒は語義の和訳だけを見て、英語による説明など読むはずがありません。ゴミになるだけです。まったくもって無駄としか言いようがありません。それでも、いくつかの学校でこの辞書が採用されれば、一度にまとまった部数が売れるのです。出版社にとってみたらこんなうまい商売はありません。結局、一番得をするのは業者というわけです。

 

無料体験レッスンのご案内ご興味をもたれた方は、是非無料体験レッスンを一度受けてみて雰囲気を感じてみてください。
また、詳しい内容を知りたい場合は是非お気軽にご連絡ください。<問い合わせページ>

無料体験レッスン