子供英会話

新入生募集中|子供英会話マンツーマンレッスンのAtlas KIDS (札幌・横浜・名古屋・大阪)

HOME学習費用について無料体験レッスン各種お問い合わせ
メニュー
プラン一覧
学習料金
体験談
問い合わせ
各LS一覧
札幌駅前LS
札幌大通LS
横浜LS
名古屋駅前LS
名古屋栄LS
大阪梅田LS

全国にてAtlas KID'S展開中!

新入生募集
無料体験レッスン
2014中高生の英語力調査導入へ
11年に向けて
Atlasマンツーマン英会話の挑戦
小学生になったら、英会話を始めよう
ご紹介キャンペーン
アトラ4コマ漫画
よくある質問
 

教材やスクールに任せきりはダメ。こどもの成長具合に合わせ、最適な学習方法を実施することが大切です。パパもママも一緒に楽しんでバイリンガルキッズを育ててみましょう!

日本人が外国人を前にして英語を話せないのは、何も学習時間が足りないからではありません。いまだに苦手意識を持つ人には、英語=勉強という意識が染みついているのかもしれません。幼少から英語に親しみ、自然に日常の中にある英語環境を作ることが、バイリンガルを育てることの第一条件なのです。

こどもの英語学習では、10歳までの臨界期が最も重要となります。この時期までに英語を話すような環境にいれば、それ以後英語を話さす環境にいなくても、英語を忘れないというのが最新の言語学の研究結果です。

こどもの成長の段階は年齢によって決まっていますので、発育に合わせて適切な英語教育を施すのが大切になってくるでしょう。

英単語を覚え、英文法を身につけ、英語を話すという英語学習の基本は、何歳になっても変わりません。もしお子さんが同年代の子どもたちより出遅れていると感じても決して焦らず、自分のペースで楽しく英語を学習できる環境を作るのが、親のできる最大のサポートなのです。

バイリンガルなお子さんを持つ親御さんが口を揃えて言うのは、「どんなによい教材でも親が一緒に楽しまないとこどもは興味を持たない」ということです。親御さんも一緒に楽しみ、学んでいこうという姿勢で、ぜひスタートしてほしいのです。

英語学習では10歳までに行う教育が必要ですが、この期間に間違った教育方針での指導をしていてはもったいないとしか言いようがありません。

多くの親御さんが勘違いされているのが、講師はネイティブでなければダメ、という漠然としたイメージです。生きた英語に触れられる、発音がいいなどのメリットももちろんありますが、こと英語教育においては、教え上手であることに重きを置きましょう。

英語はアメリカ人やイギリス人のようなネイティブスピーカーにとっては母国語ですが、文法などの細かい仕組みをうまく説明できないので、日本人講師・外国人講師にかかわらず、適切な教育スキルを持った講師を選ぶのが賢い選択と言えます。

また、学習の順序も大切です。こどもの発達の時期はある程度決まっていますので、年齢に応じて適切な学習の手ほどきを行います。特に3歳までは苦手意識や先入観なしで英語に触れられる大切な時期です。この頃から英語が自然に日常にある状態を作っておくのが望ましいでしょう。

小学校に入学する6歳までは、こどもを英語漬けにできる最後のチャンスとなります。以降は、友達や学校、塾などで英語の時間が必然的に限られてきます。ここで飽きたり、挫折したりするこどもも多いので基礎を固めておきたいものです。

 
 
ご家庭に負担のかからない経済的な料金システム
柔軟に対応できるマンツーマンレッスンを採用
 
充実のテキストとネイティブスピーカーによる英会話レッスン
ご自宅まで講師を派遣できます
 
無料体験レッスン