子供英会話

外国を疑似体験できる|子供英会話マンツーマンレッスンのAtlas KIDS (札幌・横浜・名古屋・大阪)

HOME学習費用について無料体験レッスン各種お問い合わせ
メニュー
プラン一覧
学習料金
体験談
問い合わせ
各LS一覧
札幌駅前LS
札幌大通LS
横浜LS
名古屋駅前LS
名古屋栄LS
大阪梅田LS

全国にてAtlas KID'S展開中!

新入生募集
無料体験レッスン
2014中高生の英語力調査導入へ
11年に向けて
Atlasマンツーマン英会話の挑戦
小学生になったら、英会話を始めよう
ご紹介キャンペーン
アトラ4コマ漫画
よくある質問
Atlasマンツーマン英会話の挑戦
外国に滞在しているのと同じように英語や外国語で会話するランゲージスペース

教室は全部で12部屋。それにカウンセリングルームが2部屋ある。一見、少し狭いようにも見えるがインストラクターと生徒が向かい合うにはちょうどいいスペースだとすぐに気づく。

 

平日の19:00にはほとんど満杯になるほどの盛況ぶりだが、生徒は外国で過ごしているのと同じ環境でいられるのだ。

 

Atlasマンツーマン英会話では、インストラクターはネイティブスピーカーか非ネイティブでもTESOLやTEFLなど第2言語を教える資格免許を持っている者に限られている。まずは、レッスンオンリーコースの光景を紹介しよう。

 

教室に入り、担当インストラクターから(Hello)ロビー内で話しかけられる。みなインストラクターの存在に笑顔が見える。反応はほとんど変わらない。だが、インストラクターはそうした生徒の反応には注意深く目を注ぎながら、にこやかにマンツーマンレッスンを進めていく。

 

Let`s start a lesson. How is your weekend?

 

インストラクターがこのように最初の「warm up」といわれるところからスタートする。ここではレッスンをはじめようという気持ちを高めるために、リラックスさせている。

 

I went to shopping last weekend. What about you?

 

この場合も、インストラクターの言葉に合わせて日常と変わらないダイアログが行われていく。

 

 

  >>テキストを使ったり、PCを使いながらマンツーマンレッスンを進めていく