子供英会話

小学校高学年 | Atlas子供(こども)マンツーマン英会話教室 札幌駅/大通・横浜・名古屋駅/栄・大阪梅田

HOME学習費用について無料体験レッスン各種お問い合わせ
小学校低学年プラン 小学校中学年プラン 小学校高学年プラン 中学生プラン 高校生プラン 保護者の方プラン
年代別にコースを見てみよう!
メニュー
プラン一覧
学習料金
体験談
問い合わせ
各LS一覧
札幌駅前LS
札幌大通LS
横浜LS
名古屋駅前LS
大阪梅田LS

全国にてAtlas KID'S展開中!

新入生募集
無料体験レッスン
ご紹介キャンペーン
アトラ4コマ漫画
よくある質問

小学校高学年プラン

小学校高学年にあがっても、英語学習を継続するにはどうすればいいのでしょう。入学後の英語維持は最も悩むポイントです。短期間でも毎日英語に触れることが大切です。

小学校高学年では、日々の勉強や友達との予定に追われ、今までのようにまとまった英語学習の時間を取るのが難しくなります。しかし、お子さんが自分の力だけで英語力を維持するのはもっと難しいでしょう。

幼いほど忘れるスピードは速いと言われていますので、1日15分だけでも、継続的に英語に触れる機会を設けたいものです。

解決策としましては、楽しみながら英語を学ぶ環境を与えてあげることです。興味のある強化を英語で学んだり、少しずつ復習の意味を込めて本を読み進めたりと、新規学習よりも能力の維持を心がけたいものです。

この頃に英語を始めるなら、習いごと感覚で始め荒れるアフタースクールや子供向けコースを持つAtlas Kidsも効果的です。

11~13歳までの英語教育の平均予算 約20万~40万円

英語力の維持を目的に、Longman社やOxford社出版の英語ブックなどの教材と合わせ、興味のある英語のDVDや子供向け英会話レッスンなども取り入れたいものです。
ちなみに、
Atlasマンツーマン英会話の平均予算は、約20万円です。

英語教材学習中心で基礎をしっかり固める


帰国子女やバイリンガルキッズから密かな人気を集めるAtlasマンツーマン英会話のAtlas Kidsコース。しかし、実際にはどんなことをしているのでしょう。二人三脚でAtlasに通いながら英検1級、TOEIC920点を出した小学6年生(12歳)の遼太郎君と37歳のお母様の博子さんから、実態を伺いました。

「Atlas Kidsで中心となるのは、担当ネイティブ講師の英語教材学習による読む・書く・聞く・話す問題です。一人ひとりのレベルに合った教材に取り組めるのが特徴です。音読は授業中の少ない機械で練習するしかない。アウトプットのチャンスを見逃さないようにしています。」と博子さん。

発声などのアウトプットには自主性が求められるのがデメリットですが、英語教材学習を中心に行うことにはメリットもあります。

「マンツーマンレッスンですので、周囲に気にせず、自分たちのペースで学習できます。また、話すためたびにまたテーマがたまっていくので達成感があります。」

自分のペースでコツコツと英語を話せるので、周囲から少し出遅れてるなと感じている人にもおすすめです。

以下学年別レッスンプラン
※レッスン例、年間目標は大まかな一例です。 お子様の学習状況や、方向性により、その都度レッスンプランを変更していきます。

小学校5年生レッスンプラン1例
時間
レッスン内容
使用テキスト例
15分
【挨拶】
グリーティング(Hello, how are you? etc)
イングリッシュタイム4とイングリッシュタイム5
English Time4/5
【単語】
ボキャブラリー(必要に応じて)
【会話】
エヴリデイカンバセーション
(Is it yours? Are you finish? etc)
30分
【総合】
テキストレッスン
15分
【発音】
フォニックス 8つの基本ルールを復習⇒定着
【筆記】
ライティング 日記+疑問文の作成
年間目標
日常の簡単なやりとりが生きる(質疑応答)質問の言い方の違いを理解して返答ができる。
フォニックスを活用して初見の単語を読んでみる。


小学校6年生レッスンプラン1例
時間
レッスン内容
使用テキスト例
15分
【挨拶】
グリーティング(Hello, how are you? etc)
イングリッシュタイム5とイングリッシュタイム6
English Time5/6
【単語】
ボキャブラリー(必要に応じて)
【会話】
エヴリデイカンバセーション
(Is it yours? Are you finished? etc)
30分
【総合】
テキストレッスン
15分
【発音】
フォニックス 8つの基本ルールを復習⇒定着
【筆記】
ライティング 日記
年間目標
日常の簡単な会話のやりとりが生きる(質疑応答)質問・返答の言い方の違いを理解して自分なりに
会話ができる。初見の長文や物語を読んでみる。


 

無料体験レッスンのご案内

ご興味をもたれた方は、是非無料体験レッスンを一度受けてみて雰囲気を感じてみてください。
また、詳しい内容を知りたい場合は是非お気軽にご連絡ください。

<問い合わせページ>

無料体験レッスン